メニュー
  • 一般の方へ
  • 建築士事務所の方へ
  • 当会のご案内
  • 会員ページ

建築士事務所の方へ

建築士事務所登録はこちらから 建築士事務所登録はこちらから

神事協主催の講習情報

『実例に基づく調査方法と鑑定書の書き方』 講習会(令和元年8月20日(火))

「建築物等調査・鑑定業務登録事務所」必修研修会

 建築紛争で「鑑定書」を裁判所や弁護士、個人から依頼された時、ニーズに応え的確に作成する技能が建築士に求められます。単に書き方に終わらず、「鑑定事項」の理解の重要性、「鑑定人所見」の大切さや、また「調査方針・方法」「鑑定の根拠となる資料の整理」、「調査費用」など、どう対応して行けば良いのか、実例に基づいて解説いたします。相手側の建築士と対決したケースでは、対応や攻め方まで、臨場感あふれる生々しい解説で、しっかりコツを学んでいただける講習会です。

 なお、この講習会は「建築物等調査・鑑定業務登録事務所」の必修研修ですので、登録事務所の方
(登録を希望する事務所の方)は、必ず受講をお願い致します。
 また、講習会終了後に意見交換を目的とした懇親会(会費制)を開催いたしますので、是非ご参加ください。

◇◆↓↓詳細・お申込書はこちらからご確認をお願い致します↓↓◆◇

 


主催:一般社団法人神奈川県建築士事務所協会 指導委員会

日時:令和元年8月20日( 火 ) 受付 13:15~ 開講 13:30~16:50 ※予定

会場:横浜市技能文化会館 2階多目的ホール
(横浜市中区万代町2-4-7 TEL:045-681-6512)

内 容: 調査鑑定書(鑑定書)とは
紛争実例の概要とその調査方法・調査費用・見積書・調査鑑定書の書き方
相手の建築士から指摘を受けた場合の対応方法、調査機器や特殊調査依頼先など…
質疑応答・ディスカッションで情報共有

対象者:「建築物等調査・鑑定業務登録事務所」登録事務所及びその所員
会員及び賛助会員
会員外及び一般

定員:100名(先着順)

受講料:1 名あたり
建築物等調査・鑑定業務登録事務所 ・・・4,000円(登録者・所員含む)
登録事務所以外の神事協会員及び所員、賛助会員 ・・・5,000円
会員外及び一般 ・・・6,000円

~お知らせ~
①この講習会は、建築CPD 情報提供制度の認定プログラムとなります。(予定)
②問合せ先:一般社団法人 神奈川県建築士事務所協会 TEL:045-228-0755 (担当 小林恵美)