メニュー
  • 一般の方へ
  • 建築士事務所の方へ
  • 当会のご案内
  • 会員ページ

建築士事務所の方へ

建築士事務所登録はこちらから 建築士事務所登録はこちらから

神事協主催の講習情報

『2020年問題を建築士事務所が乗り越える為に!』~どう対応すれば良い?4月からの法改正~ 講習会(令和2年3月17日)

「建築物等調査・鑑定業務登録事務所」必修研修会

4月からついに改正民法が施行されます。建築士事務所や請負工事業者は契約書の具体的な対策が急務です。契約書と設計図書は、書いていないとダメ、書き過ぎてもダメという状況です。これらに加え、建築基準法の改正、用途変更緩和のチャンスや構造の重要な考え方まで、建築実務ガイドブック『机の隅に』2020年版に大幅ページ増量、具体例の追加、カラー写真も追加で大改訂し掲載しました。この2020年版を使用し、法改正に対処する重要なポイントと、どうすれば良いかを具体例で分かりやすく講習します。全会員必見の緊急講習会となりました。

 なお、この講習会は「建築物等調査・鑑定業務登録事務所」の必修研修ですので、登録事務所の方
(登録を希望する事務所の方)は、必ず受講をお願い致します。
 また、講習会終了後に意見交換を目的とした懇親会(会費制)を開催いたしますので、是非ご参加ください。

◇◆↓↓詳細・お申込書はこちらからご確認をお願い致します↓↓◆◇

 


主催:一般社団法人神奈川県建築士事務所協会 指導委員会

日時:令和2年3月17日( 火 ) 受付 13:15~ 開講 13:30~16:50 ※予定

会場:横浜市技能文化会館 2階多目的ホール
(横浜市中区万代町2-4-7 TEL:045-681-6512)

内 容:・「建築物等調査・歓迎業務事務所」登録方法説明

   今回の 建築実務ガイドブック から下記の内容とポイント解説

    ・建築基準法・関係法令、用途変更実施の具体的な成功例

    ・構造(木造躯体、基礎、擁壁、地盤)の重要な考え方とチェック方法

    ・建築関係の民法改正条文、消費者契約法

    ・契約書の書き方と注意事項、改正に対応した契約書実例

    ・建築士の責任・建築士の資格を活かせる業務

    ・判例解説・日事連・建築士事務所賠償責任保険支払事例から学ぶ

対象者:「建築物等調査・鑑定業務登録事務所」登録事務所及びその所員
会員及び賛助会員
会員外及び一般

定員:100名(先着順)

受講料:1 名あたり (今回は建築実務ガイドブック2020年版が必修で、その費用を含みます)
建築物等調査・鑑定業務登録事務所 ・・・6,000円(登録者・所員)
登録事務所以外の神事協会員及び所員、賛助会員 ・・・7,000円
会員外及び一般 ・・・10,000円

~お知らせ~
①この講習会は、建築CPD 情報提供制度の認定プログラムとなります。(予定)
②問合せ先:一般社団法人 神奈川県建築士事務所協会 TEL:045-228-0755 (担当 小林恵美)