ヘリテージ

旧桔梗屋の利活用に向けて

投稿日:2023年1月14日 更新日:

藤沢市では、旧東海道藤沢宿街なみ継承地区にある、旧桔梗屋の利活用に向けて「サウンディング型市場調査」を行っている。旧桔梗屋とは、江戸時代から藤沢宿にて茶や紙の問屋を営んでいた旧家であり、店蔵、母屋、文庫蔵の3棟が国登録有形文化財である。

特に店蔵は、外観、内部共に建築当初(明治44年)の姿をよく残しており、関東大震災前の「蔵の町」としての様相を伝える貴重な存在であり、また南関東に残る唯一の店蔵である。

市は、令和2年に建物部分の寄付を受け、敷地全体を取得し、この貴重な「旧桔梗屋」を適正に保全しつつ有効に活用する為、様々な取り組みを行っている。

今回の調査は、民間事業者による活用の可能性を把握し、柔軟な発想や視点に基づく事業アイデア等、幅広く意見を収集することを目的にしているようである。

支部としても、事前にサウンディング型市場調査への参加意向等のアンケートの依頼を受け9社が意見を述べている。市としては、耐震改修工事をはじめ全体の保全計画も含めた事業提案を期待しているようだ。市への譲渡が決まる以前に当社は、元所有者の依頼を受け、文化財建造物を維持することを条件とした、売却先を探す事業に携わっていた経験があるが、民間事業者が文化財建造物を保全する、経費を負担して、収益を見込む事は、難しいのではないかと考えている。このサウンディング型市場調査の結果は、12月末頃を目処に公表されることとなっているが、どのような利活用計画が提示されるか期待されるところである。

立地的にも街道沿い目に止まる場所にあり、藤沢宿のシンボルとして、旧桔梗屋の敷地が、藤沢宿交流館にふさわしく、現交流館の位置付けも再考しながら、市が運営する藤沢宿関連の施設(藤沢浮世絵館等)を含めて、再編することなども選択肢の一つになるのではないかと思われる。

支部としても、より良い利活用が実現するよう協力してゆきたいと考えている。

記 有限会社アトリエフジオカ一級建築士事務所 藤岡 裕

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-ヘリテージ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

町歩き原稿 WORD

今回町歩きに選んだのは県西部の市町村で、都市化の勢いがそれほど押し寄せていない地域である。東海道線大磯駅に集合、東海道を西に走ると「箱根駅伝」の中継でも有名な松並木。左手には「明治記念大磯庭園」として …

住所
横浜市中区不老町3-12 第三不二ビル2F

JR京浜東北線 関内駅 南口より徒歩5分

横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅A1出口より徒歩2分

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
※祝祭日、年末年始除く

本サイトは(一社)神奈川県建築士事務所協会 景観・まちづくり特別委員会により運営しています。
委員会活動や神奈川県のまちづくりについて様々な情報を発信しています。