景観整備機構 相模原市

相模原のヤツボ

投稿日:2020年11月2日 更新日:

相模原市には水に関する場所が多くがあります。
相模川や境川が市の縁部に流れ、津久井湖や相模湖などの湖がいくつもあり、また、三段地形で構成された相模原台地のエリアなので、ハケからの湧水や地層の隙間に溜まっている宙水(ちゅうみず)による池や沼などがあります。

今回は湧水が湧き出ているヤツボをご紹介します。

ヤツボ1

こちらは大島地区にあるヤツボになります。
相模原市は南区から中央区にかけて広大な相模原台地が広がっています。川筋はその両側の低いところに相模川や境川が流れています。ですので、一番上の大地は川筋があまりなく、昔から灌漑が課題となっているような土地でした。
ですので、水の確保として崖状のところで湧いている湧水をためて利用するなどしていました。

 

ヤツボ2

 

なかには水を貯めているところにそばに祠があるような場所もあります。それだけ大事にされてきていたということかと思います。

ヤツボ3

 

現在も湧き水の出ているところが何ヶ所も残っており、市の登録史跡として保全されています。

ヤツボ4

 

また、市の方だけでなく地域活動としても保全を図り、大切にされています。

 

 

ヤツボ6

 

行かれる際は、足場の良くないところがあるので滑りづらい靴で行ってみてください。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-景観整備機構, 相模原市
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

城山湖からの眺望

相模原市には何ヶ所かビュースポットがあります。 相模原台地は三段地形で構成されたエリアなので、多くは上段に位置しているか山間部になります。 今回は山間部より城山湖からのビュースポットを取り上げます。 …

つぎの勉強会で伝えたいこと

はじめに 3月26日に、第2回景観整備機構指定勉強会を開催します。 この勉強会の準備をせっせと進めているのですが、コンテンツが整うにつれて今までとは違う企画(良い意味で!)になってきています。 そして …

2つの小倉橋

相模原には、川筋や山間部の谷間などがあることからたくさんの橋があります。 作られた年代によって、その時の最新の技術で作られていることもあり、いろいろなダイプの橋をみることができ、橋オタクには垂涎のエリ …

no image

景観シンポジウム開催のおしらせ(相模原市)

【景観シンポジウム開催のおしらせ】 相模原市主催の景観シンポジウムが開催されます。景観整備機構のパネラーとして参加させていただきます。ぜひお申し込みください。 広報さがみはら掲載ページ #景観シンポジ …

景観・まちなみとは(事前資料WEB記事)vol3

はじめに 前回ブログで、第2回景観整備機構指定勉強会の「景観・まちなみとは(事前資料WEB記事)vol1&2」を掲載しましたが今回はその続編になります。 本記事では、第2回景観整備機構指定勉強会の内容 …

住所
横浜市中区不老町3-12 第三不二ビル2F

JR京浜東北線 関内駅 南口より徒歩5分

横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅A1出口より徒歩2分

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
※祝祭日、年末年始除く

本サイトは(一社)神奈川県建築士事務所協会 景観・まちづくり特別委員会により運営しています。
委員会活動や神奈川県のまちづくりについて様々な情報を発信しています。