メニュー
  • 一般の方へ
  • 建築士事務所の方へ
  • 当会のご案内
  • 会員ページ

建築士事務所の方へ

建築士事務所登録はこちらから 建築士事務所登録はこちらから

神事協主催の講習情報

景観整備機構指定勉強会 第2回「景観的に重要な建物を活用する事例を学ぶ」 ~土地の記憶を活かす・継ぐ~『銀座ライオン・茅ヶ崎熊澤酒造の取り組み』~(令和2年3月30日(月))

「景観整備に関する受託事業者名簿」登録必修単位(予定)

 景観・まちづくり特別委員会では、設立当初より景観法にて規定されている景観整備機構の制度活用について取り組んで参りました。そして、一昨年8月に相模原市より市第1号となる景観整備機構の指定を受け、景観についての啓発活動や専門家の育成および担い手を増やす取り組みを開始しました。そこで当委員会では、景観の大切さがどこにあるのか、景観デザインの手法や実例、景観整備機構の役割などを学ぶため勉強会を開催しております。昨年3月の第1回指定勉強会では女子美術大学の飯村和道先生を講師に景観整備機構の役割、ビジネスモデルとしての町づくりについてお話しいただきました。

 第2回目となる今回は、飲食業という業態で自社所有の建築遺産を生かして地域景観に貢献している二社を取り上げます。なお茅ヶ崎市の『熊澤酒造』では当日午前に見学会を企画しました。酒蔵を転用したレストランなどを社長の案内で見学していただきます。そのあと希望者にはランチを用意いたします。都合のつく方はぜひご参加ください。
 なお本勉強会は専門家の方を対象としていますが、商店街や住宅地など様々の地域で景観まちづくりの当事者となっている皆様もぜひご参加ください。

-主な内容-
【第一部】 ・景観整備機構の業務について・事例から学ぶポイント・相模原市の景観に寄与する建物紹介
【第二部】 ・茅ヶ崎市『熊澤酒造』の紹介
【第三部】 ・東京都中央区銀座『ライオン』の紹介
※本勉強会は、(一社)神奈川県建築士事務所協会「景観整備に関する受託事業者名簿」登録の必修単位(予定)となります。
※内容についてはより充実した情報提供と学習の機会とするため多少構成を変更する場合があります。

◇◆↓↓詳細・お申込書はこちらからご確認をお願い致します↓↓◆◇

 


【主  催】一般社団法人 神奈川県建築士事務所協会景観・まちづくり特別委員会
【開催日時】 令和2年3月30日(月)
【会  場】
(見学会) 熊澤酒造本社 茅ヶ崎市香川7-10-7
      受付:10:15 見学会:10:30~11:30 ランチ(希望者):11:30~12:30
(勉強会) ユニコムプラザさがみはら セミナールーム2
      相模原市南区相模大野3-3-2 bono相模大野サウスモール3階
      受付:13:30 勉強会:14:00~16:40
【定  員】80名 (先着申込み順。定員になり次第締め切ります)
【対  象】会員(所員を含む)および賛助会員 一般
【参加費用】会   員:2,500円(見学会+勉強会)2,000円(勉強会のみ)
      会員外:3,500円(見学会+勉強会)3,000円(勉強会のみ)