メニュー
  • 一般の方へ
  • 建築士事務所の方へ
  • 当会のご案内
  • 会員ページ

建築士事務所の方へ

建築士事務所登録はこちらから 建築士事務所登録はこちらから

神事協主催の講習情報

【中止】令和2年度 「特定建築物定期調査および防火設備定期検査の実務講習会」

コロナウイルス感染症の影響に伴い中止とさせていただきます。

 平成28年6月1日に施行されました改正建築基準法により、検査・調査資格者制度および定期報告対象建築物等の変更とともに、新たに防火設備定期検査報告制度が創設されました。
 1級・2級建築士については、これらの業務に携わる場合に、防火設備検査員または特定建築物調査員の資格を新たに取得する必要はありませんが、この業務基準を作成している(一財)日本建築防災協会(以下「建防協」)の協力により、建築士の防火設備定期検査・特定建築物定期調査の適切な実施及び定期報告制度の円滑な推進に資するため、建防協発行のテキストをもとに「防火設備定期検査および特定建築物定期調査の実務講習会」を開催いたします。
 定期調査・検査は、建築士事務所が業務として、調査・検査を積極的に受託し実施していくことが望まれます。検査・調査の適正な執行の習得として貴重な機会と思いますので、1級・2級建築士の皆様には、是非受講されますようご案内いたします。

※この講習を受講された会員の方を「建築物等定期調査業務実施事務所」名簿に掲載させていただきますので、ご希望の方は必ず受講をお願いいたします。(平成 30 年 12 月作成の名簿に追加掲載致します。)

注意:本講習は調査員および検査員の資格を取得するための講習ではありません。

◇◆↓↓詳細・お申込書はこちらからご確認をお願い致します↓↓◆◇

 


主催:一般社団法人神奈川県建築士事務所協会 業務支援委員会

≪特定建築物定期調査実務講習会≫

日時:令和2年4月20日(月)

受付 12:45~ 講習 13:00~17:30(予定)
受講料:会員 3,500 円 会員外 7,600 円
テキスト:「特定建築物定期調査業務基準」5,500 円
※テキストは必須となります。必ず購入してください。
※前回受講し、再度受講を希望される場合は、前回使用
されたテキストをご持参ください。
講義内容:
1.神奈川県における定期報告制度について
講師 神奈川県建築行政連絡協議会 安全対策部会
2.特定建築物定期調査業務基準の解説
講師 (一財)日本建築防災協会【DVD】

≪防火設備定期検査実務講習会≫

日時:令和2年4月27日(月)

受付 13:15~ 講習 13:30~17:00(予定)
受講料:会員 5,500 円 会員外 9,000 円
(付随:実技講習の資料(受講料に含む))
テキスト:「防火設備定期検査業務基準」4,400 円
※テキストは必須となります。必ず購入してください。
※前回受講し、再度受講を希望される場合は、前回使
用されたテキストをご持参ください。
講義内容:
1.神奈川県における定期報告制度について
講師 神奈川県建築行政連絡協議会 安全対策部会
2.防火設備定期検査業務基準の解説
講師 (一財)日本建築防災協会【DVD】
3.防火設備定期検査の実務
講師 (一財)日本建築防災協会【DVD】

≪各日共通≫
■ 会 場:一般社団法人神奈川県建築士事務所協会 2階会議室
(横浜市中区不老町 3-12-2F https://j-kana.or.jp/access2
■ 受講対象者:1級・2級建築士、定期点検・定期報告担当行政職員
■ 定 員:各30名
(定員になり次第締め切らせていただきます。受付状況については電話にてお問い合わせください)