メニュー
  • 一般の方へ
  • 建築士事務所の方へ
  • 当会のご案内
  • 会員ページ

建築士事務所の方へ

建築士事務所登録はこちらから 建築士事務所登録はこちらから

神事協主催の講習情報

限界耐力計算による補強設計『材木座公会堂』現地講習会(令和4年9月3日(土))

本講習会は「誰でもできる限界耐力計算法」講習シリーズの現地実施編です。
机上の演習から一歩踏み出し、実際に施工中の現場で学習してみませんか。耐震診断から補強設計にいたる過程など、より実務に沿った知識の習得が可能です。
「材木座公会堂」は大正期の建築物であり、登録有形文化財に指定されています。当時の意匠を保持しながらいかにして経済的に耐震補強設計をするか、また施工上どの様な注意をしなくてはならないのか等々、現場を見学しながら詳細に説明します。

主  催:(一社)神奈川県建築士事務所協会 木造専門委員会

日  時:令和4年9月3日(土)1部 9:30 10:4515名) 受付920
                        2 10:45 12:0015名) 受付1035
開催方法:現地集合・解散
     場所: 鎌倉市材木座4-4-26
     交通:鎌倉駅(東口)から徒歩約20分(約1.5km)
        鎌倉駅から京急バス「鎌12・鎌40」系統に乗車、「九品寺」下車・徒歩約1分
現場説明:有限会社湘南建築工房一級建築士事務所 高野淳一

講習内容:
限界耐力計算(JSCA関西方式)にて耐震補強設計を行った公会堂の現地講習会。自治体の所有建築物を計画、基本設計、実施設計と進める手順とは。文化財の意匠性を保持し耐震性を向上させながら経済的に補強する方法を学習する。土壁補強の注意点、補強箇所の納まり、腐朽した土台の交換および補強方法等について、現場を確認しながら習得できます。

定  員:各回15名(計30名)(※先着申込み順とします。) 申込締切:9月1日(木)
会  費:事務所協会会員(所員含む)及び 賛助会会員 ,000円
     その他一般 ,000円               ※ いずれも税・保険料込み

注意事項等(守れない方は、参加をご遠慮ください。)
・ヘルメットを持参してください。※現場にはございません。
・新型コロナウィルス感染症対策(マスク、消毒等)は各自でお願い致します。
・専用駐車場はございませんが隣にコインパーキング有ります。(極力公共交通機関をご利用ください。)
・新型コロナ感染症の状況により、本講習会を中止または延期する場合がございます。

 

◇◆↓↓詳細・FAXでのお申込書はこちらからご確認をお願い致します↓↓◆◇
詳細はこちら